怒る人、怒らない人

怒る人、怒らない人

 

怒る人、怒らない人

 

まったく同じ
状況や場面に
遭遇しても

 

カーッと怒る人、
スーンとしている人、
いろいろです。

 

たとえば、
レストランで
店員さんに
大声でクレームを
言っているおじいちゃん。

 

そんな場面に
遭遇しても、

 

・怖いと感じる人
・自分もイライラしてくる人
・まったく気にしない人

 

これだけの反応があります。

 

そして、
ここが大事なポイントですが、
あなたは、
反応を選べます。

 

もし、

 

「まったく気にしない」
「まったく気にならない」

 

という反応を
いつも選べたら
あなたは
決して怒らない人に
なることができます。

 

誰かが
怒っている場面は
「反応を選択するトレーニング」
だと思って

 

「まったく気にしない」
「まったく気にならない」

 

反応を続けましょう。

 

そうすれば、
騒ぎの当事者になっても
「決して怒らず、
冷静な人」を
維持できます。

 

トップへ戻る